本年もやります!!須佐全力の感動体験「2017年須佐弁天祭」へようこそ!


やっててよかった~!!弁天祭前夜祭に全力支援!

次世代を担う子ども達が、祭を作ります!

 

須佐湾に沈む夕日を背に舞う石見神楽と伝統の神事舞。そこへの伏線となる伝統芸能や文化の再興を期して子供達によるワークショップの成果披露。

昨年このロケーションを見た外国人の知人は、感動で言葉を失い、ただひたすら見入っていました。

 

私達のすぐそばにある、美しい伝統が、どれほどの価値があるのか、意外と私達自身がわかっていないのかもしれません。

この前夜祭は、石見神楽の競演会ではありません。興行でもありません。

次世代の子ども達に、伝統芸能・文化の美しさ・素晴らしさ・かっこよさといった世界観に触れてもらうことで、

その純粋な気持ちの中に、種を蒔いてゆこうとするものです。

ジャグリングワークショップ

見るだけではありません。

須佐の歴史に登場する「石見太神楽」と呼ばれる大道芸の技術を、

プロの大道芸人「猫柳にゃん太」氏と一緒にワークショップ体験。

成果発表という形で、祭りを盛り上げます。

 

ダンスワークショップ

更に、弁天神事でも重要な儀式「船唄」の継承の危機をきっかけに、

もっと、多くの方に知ってもらうきっかけにしたいと、

地元出身のアーティスト2-eightによるヒップホップアレンジで、

曲に合わせてダンスを踊るダンスワークショップという形で体験。

祭で披露します。

 

神子舞神事

そして、船神事で舞っている「神子舞」を、前夜祭ではずっと、披露してきましたが、

本年は、御子だけでなく、舞いに合わせて笛、太鼓、鐘などの奏者も子供達がやります。

いままでは、神事と同じく、漁師の方がやってくださっていたのですが、

今年は、子どもたちからのやりたいという希望もあって実現しました。

 

前夜祭を始めるまで、御子舞の御子の担い手が見つからないことが深刻な問題でした。

少子化もありますが、「舞うのが恥ずかしい」「友達と遊びたい」といったことが遠因としてありました。

それが、前夜祭を続け、地域に神楽などの露出の機会が増えてくると、

「やってあげてもいいかな。。。」「やってみたい!」などと思う子も出てくるのです。

 

教える漁師も笑顔になります。本来の神事の後継者にすぐなるわけではないのですが、

いままで、誰も引き継ぐ人もいない状況で、何十年も続けてきたことを誰かに教えるというのは、

嬉しいのです。

こういうのを見ると、「やっててよかった~!」って思いますよね。

 

前夜祭開催をご支援頂いている方々に、本当に感謝です。

続けられる限り、取り組んでゆきます!

 

 

 

須佐の花火が更に進化します!

管弦船の船神事(海上渡御)こそ、メインイベントです。

本年からは、通常20時から始めていた花火大会の時間に合わせ、

オープニングは、数百年の継承を今に伝える管弦船の帰港セレモニーを行います。

 

地元出身のアーティスト2-eightによる新たな楽曲提供と、神事で歌われる「船唄」(原曲)をかぶせ、

静寂の夜の海に輝きながら、荘厳な音楽とともに管弦船が入港します。

弁天の女神の帰港です。お見逃しなく。

 

須佐湾が最強のライブ会場に!

そして、管弦船の帰港を盛大に祝うための花火プログラムは、昨年より大きく進化し続けています。

観覧席前の海辺に特設のステージ(セカンドステージ)を設け、レーザー光線や特殊効果による演出で、音楽と完全シンクロ!

昨年、「まるでマクロスのよう!」と評してくれた谷本さん・佐咲さんのライブは、本当に宇宙空間での戦闘シーンのようでした。

あの須佐湾会場に反響する音楽と花火のコラボレーションライブは鳥肌モノです!

本年は、音楽花火&花火とのコラボレーションライブなどのプログラムも増え、

様々な挑戦で、会場の観覧者を巻き込みます!

もちろん、須佐花火の真骨頂フィナーレの連弾「バリバリ」はパワーアップ!

呼吸を忘れ、五感と内臓まで震える圧巻の大迫力と「これぞ花火だ!」という感動を体感できます。

会場のメインステージが変わります!

これも、大きな変化ですので、ご注意下さい。

下記地図ですが、須佐に来られたことがない方には、ちょっと、わかりにくいかもしれませんが、

ご覧の通り、須佐の祭会場って、小さいんですよ。普通の漁港ですから。

ですが、小さいからこそ、大会場では味わえない楽しむ方法があるという挑戦が、近年の取り組みです。

 

その1つとして、メインステージが、花火観覧席側エリアに移動致します。

コレにより、様々な問題が解決するのですが、

ポイントとしては、音響を集中的に、観覧者の皆様に向けることができるという点です。

音楽花火・コラボライブだけでなく、管弦船入港セレモニーやタレントミニライブまで、観覧席の皆さんも楽しめるようになります。

ちなみに、今までメインステージがあったエリアは、全て、出店スペースとなり、たくさんのお店に出店して頂くことになります。

それも又、お祭の楽しみです。

 

とっておきの場所を、限定指定席として確保しました!

2年越しの交渉です。

地域の方に(特に漁師の皆さん)にご理解を得て、本年より、有料指定席エリアを設けました。

周知がなかなかされていないため、機会損失になってしまう方もいらっしゃると思います。

正直、花火観覧で、一番良い場所です。

特に、花火と音楽ライブのコラボレーションを楽しみたい方には、特殊効果演出やメイン音響は、この指定席に向けて設定していますので、

最高の思い出を体験したいと思われている方は、是非、ご利用下さい。

どんなに混んでも、どんなにご来場が遅くなっても、

最高の観覧席を明けて置くというのが、この有料指定席です。

※ かぶりつき・間近でタレントを見たい!といったファンの方には不向きです。

(※本年度はイス席のみですが、今後はご意見を賜りながら変えてゆきます。)

応募者多数の場合は抽選となります。

1席 3000円  お問い合わせ先 「須佐おもてなし教会」 08387-6-2219

 

是非、帰省した「あなた」に見てもらいたいのです。

今、故郷がどんな状況か知っていますか?

昔見たあの祭の風景を、覚えていますか?

懐かしい友人知人と見たあの花火はどうでしたか?

 

あなたが帰ってきて、久しぶりに須佐の花火を見た時、「やっぱり最高だな~!」って言って頂けるよう頑張っています。

私達の子どもが、大きくなっても、自分達のように「須佐の花火は最高だよ!」って自慢できるよう頑張っています。

須佐の挑戦に、ご支援を。

須佐・萩市・益田市、近郊の方

古くから、須佐の花火を楽しまれてた方、昔よく見てた方。

私たちは、あなたが帰省して、見に来られる日まで、須佐の花火を守り続けます。

新たな挑戦と共に、多くの方のご協力を得ながら、須佐らしい花火・祭を継承してゆきます。

 

現在、これらの取り組みは、須佐弁天祭への寄付・協賛金をお願いしてまかなっております。

しかしながら、どんどん減ってゆく寄付・協賛金の額に、正直先行きが見えないのは確かです。

一人ひとりのお気持ちや、事業者様のご支援・協賛の申し出をお待ちしております。【下記参照】

***********************************************************

ご支援の輪を広げています。

須佐弁天祭りは、7月27日の「弁天祭前夜祭」と7月28日の「須佐湾大花火大会」で盛り上げる、海の神の祭りです。

(石見文化の影響を色濃く受けた、「石見境文化」で「弁天神事」を盛り上げるべく、前夜祭を催しております。)

須佐だけでなく、例年楽しみに来られている近郊他市町村の方々も楽しみにされる祭りです。

過去、寄付の中心は地元頼みでした。(「須佐湾大花火大会」への須佐地域と一部の須佐出身者の方々からの寄付)

もう、これでは祭りをやってゆけない今、前夜祭を通して多くの有志の方々の協力で、須佐地域外からのご支援を呼びかけております。

萩市中心部の方々、

益田市の方々、

津和野町の方々、

山口市徳佐周辺の方々、

阿武町の方々、

須佐出身・須佐縁の方々、

山口県内の方々、

そして、全国の方々、

この祭りに行きたい!見てみたい!行ってるよ!常連だよ!

     「おまいら、ガンガレ~!」

皆様のご支援をお待ちしております。

ご寄付・ご協賛の連絡は、私(「須佐石見境文化振興会 福島淳也」 ask@susa.in まで)。

振込口座は

あぶらんど萩農業協同組合 阿北支所 (普通) 0009983 須佐石見境文化振興会

須佐石見境文化振興会は、

それまで活動をしてきた取り組みを形にするために、災害復興を機に正式に立ち上げ、弁天神事やその文化継承を支援し、須佐弁天祭前夜祭での石見境文化の祭典を発表の場とする任意団体で、弁天祭前夜祭実行委員会の母体です。

前夜祭実行委員会は、須佐の夏祭り実行委員会に所属し、須佐の夏祭りの中の弁天祭を盛り上げるため、特に資金集めや広報の役割を担ってやっております。

事業者の方は、協賛者名簿(WEB広告)に記載させて頂きます。(記載を遠慮したい方は、上記メール宛に連絡を)

振込にてご協賛いただいた方、振込名で、メールに連絡を入れていただくと、幸いです。

宜しく、お願い致します。

須佐出身の、若い方、未だ、帰省して花火を楽しみにしている方!

須佐の花火を10年後も残そうと奮闘しているこの取り組みを、応援して下さい!

是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です