須佐の花火で絶対に損しないベストポジション「限定指定席」20日で締切!


この感動と体験を見逃してはいけません。

YouTube Preview Image

※昨年の音楽花火ライブの特殊効果演出のワンシーン

 

須佐の花火の特徴は?と聞いたら、誰もが、

「花火の近さ」と、内臓まで震える「爆音」と答えます。

その特徴を生み出すベースとなっているのが、山に囲われた小さな海辺の会場です。

 

この会場を世界最強のライブハウスにしてしまおうっていう案から生まれた、「音楽ライブ花火」

昨年に引き続き、須佐の花火の見どころの1つですが、本年は音楽花火及び、ライブ花火のプログラムが増えます。

様々な「音」とシーンが須佐の花火とコラボレーションする幻想的で迫力の内容となっています。

 

2017年須佐湾大花火大会から限定の指定席を設けました!

小さな会場だけに、遅れてきた方には十分な場所で見ることもできず、初めての方には、どこから見るのが良いのかがわかりません。

折角の機会をむだにしないためにも、地元漁師の方々に理解を求め、

一番、須佐の花火を楽しめる最適なエリアを、限定の指定席として確保いたしました。

 

7月20日で、申し込みを締め切ります。

是非、確実に確保しておいて下さい。

場所については、前回の投稿にて説明しております。

 

1席 3000円

お問い合わせ先   「須佐おもてなし教会」 08387-6-2219

 

須佐の挑戦に、ご支援を。

須佐・萩市・益田市、近郊の方

古くから、須佐の花火を楽しまれてた方、昔よく見てた方。

私たちは、あなたが帰省して、見に来られる日まで、須佐の花火を守り続けます。

新たな挑戦と共に、多くの方のご協力を得ながら、須佐らしい花火・祭を継承してゆきます。

 

現在、これらの取り組みは、須佐弁天祭への寄付・協賛金をお願いしてまかなっております。

しかしながら、どんどん減ってゆく寄付・協賛金の額に、正直先行きが見えないのは確かです。

一人ひとりのお気持ちや、事業者様のご支援・協賛の申し出をお待ちしております。【下記参照】

***********************************************************

須佐弁天祭りは、7月27日の「弁天祭前夜祭」と7月28日の「須佐湾大花火大会」で盛り上げる、海の神の祭りです。

(石見文化の影響を色濃く受けた、「石見境文化」で「弁天神事」を盛り上げるべく、前夜祭を催しております。)

須佐だけでなく、例年楽しみに来られている近郊他市町村の方々も楽しみにされる祭りです。

過去、寄付の中心は地元頼みでした。(「須佐湾大花火大会」への須佐地域と一部の須佐出身者の方々からの寄付)

もう、これでは祭りをやってゆけない今、前夜祭を通して多くの有志の方々の協力で、須佐地域外からのご支援を呼びかけております。

萩市中心部の方々、

益田市の方々、

津和野町の方々、

山口市徳佐周辺の方々、

阿武町の方々、

須佐出身・須佐縁の方々、

山口県内の方々、

そして、全国の方々、

この祭りに行きたい!見てみたい!行ってるよ!常連だよ!

     「おまいら、ガンガレ~!」

皆様のご支援をお待ちしております。

ご寄付・ご協賛の連絡は、私(「須佐石見境文化振興会 福島淳也」 ask@susa.in まで)。

振込口座は

あぶらんど萩農業協同組合 阿北支所 (普通) 0009983 須佐石見境文化振興会

須佐石見境文化振興会は、

それまで活動をしてきた取り組みを形にするために、災害復興を機に正式に立ち上げ、弁天神事やその文化継承を支援し、須佐弁天祭前夜祭での石見境文化の祭典を発表の場とする任意団体で、弁天祭前夜祭実行委員会の母体です。

前夜祭実行委員会は、須佐の夏祭り実行委員会に所属し、須佐の夏祭りの中の弁天祭を盛り上げるため、特に資金集めや広報の役割を担ってやっております。

事業者の方は、協賛者名簿(WEB広告)に記載させて頂きます。(記載を遠慮したい方は、上記メール宛に連絡を)

振込にてご協賛いただいた方、振込名で、メールに連絡を入れていただくと、幸いです。

宜しく、お願い致します。

須佐出身の、若い方、未だ、帰省して花火を楽しみにしている方!

須佐の花火を10年後も残そうと奮闘しているこの取り組みを、応援して下さい!

是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です