神山(高山)の行者様の神事。。


今年こそは!

存在さえ聞いたこともなかった地域のお祭りを、最近よく知ることが多い。

そんな中でも、今年こそは行って見てみたいと思っているのが、神山(現:高山)にある行者様のお祭りです。

行者様

.

高山にまつわる祭事としては、黄帝社祭りが唯一名を残している印象でしたが、この、行者様や八相権現社での神事は地域の祭りとして今も尚残っています。

須佐の古代米の祭り「赤米フェスタ」などは、もともと高山の麓の大昔に奉納のための米を植えていた「神田」という字名まで残っている場所で行われていました。(現在は須佐大橋コミュニティ広場にて開催しています)

花火大会の直前に行われている祇園祭の弁天様への神事のルーツは元々神山信仰から派生したものですし、まてかた地区の鏡山神社(浄蔵貴所を祀ってある)の存在や逸話なども神山があっての存在です。

そんなたくさんの神山に関する逸話の中でも、現在の神山信仰を象徴するのが、修験道の聖地として信仰の対象となっている「行者様」のお祭りです。

.

ことしは、4/7(水)だそうです。

.

行者様

その地区の若手の方からの伝言で、ことしは4/7に行われるということです。

平日ですし「ほんとかな・・・・??」と確証を持てないのですが(笑)、日にちで決まっている?のでしょうか。。。。

平日だったら、自分も行けそうなので、ちょっと行ってみようかと思います。

.

真性スピリチュアルスポット

神事自体興味深いですし、幹事の方の祭事に関する過去資料というのも気になります。

惣郷のあの占いの(故)おばあちゃんも参加していたという神事。

周辺は高山斑れい岩と思しき巨石がごろごろとあり、獣道でそこまで行きます。

古く壊れた石鳥居の残骸を見ながら巨石と巨石の間に祠があります。

※そのあたりに、伝説のネタ元になったと思われる一端を見れます。

.

なんか考えただけで、スピリチュアルなパワーに充ち満ちてません?

.

地元人として、確認しておきたいところです。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です