萩焼まつり&須佐焼ふれあい祭り//ゴールデンウィーク!

[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る

萩焼まつり 公式サイト.

須佐焼ふれあい祭り

萩焼と須佐焼

こう並べると、調理法の違い?とも見えてしまうのだが、もちろん焼き物の話。

ゴールデンウィーク中、萩市では2つの焼き物のイベントが開催されます。

.

萩焼まつり 5月1日~5月5日まで

萩焼と言えば、もう名の知れた存在ですので、萩観光のお土産のみならず、飲食店やホテルでも使われていたり、個人の方も親しまれている方は多いと思います。焼き物はホント出会いのものとも言われますから、物色していると、値段に関係なく「これいい・・・」と感じる作品がありますね。

.

そういう出会いの数や、ブランド力、質・・・を手に入れるには、この萩焼祭りに行くのが手っ取り早いですね。もちろん、口伝に窯元を尋ねてめぐり合う焼き物との出会いも素晴らしいのですが、あくまで、せっかちに、お手頃に、サクッと、多くの作家の作品に直接出会える場というのは、行く価値があります。

.

須佐焼ふれあいまつり 5月3日~5月4日まで

須佐焼と言えば、名も知られぬ存在ですので、須佐観光のお土産のみならず、飲食店や宿でも使われていたり、個人の方も親しまれている方は、結構いるんですが知らない方も多いと思います。焼き物はホント出会いのものとも言われますから、物色していると、値段に関係なく「これいい・・・」と感じる作品がありますね。

.

そういう出会いのゆるさや、ローカルカラー、隠れた匠の技・・・・を手に入れるには、この須佐焼ふれあい祭りに行くのが手っ取り早いですね。もちろん、奇跡的な偶然によって窯元とめぐり合って、たまたま知ってしまった焼き物との出会いも素晴らしい(?)のですが、あくまで、ゆっくりのんびりと、親密にくだけながら、不器用で酒豪(笑)の作家の方々との小さくて上質の出会いを得れる場として行く価値があります。

.

——–

須佐焼き

「須佐焼き」というのは須佐の古くからある伝統の焼き物「須佐唐津焼き」とは一線を引いていますが、作家の腕は相当のものです。若者なども教えを請いに足しげく通っている方もいます。祭りでは、そういう方の作品も展示即売されます。

作家の中には、定年過ぎるくらいまで、萩焼の大手窯元の共同創始者だった方やその同じ窯で作陶されていた方もいます。

須佐観光協会ショップににも一部展示販売されています。

.

出会い

萩焼にしても須佐唐津焼にしても、古の名品を生んだころと同じ土などもう既になく、新たな発掘か、流通でしか手に入りません。

私も個人的に萩在住(三見)の若手作家の方に(←作家の嫁さんが同級生)、オリジナルの陶器を作ってもらう機会があって、何度もお話させて頂きましたが、

結局、作家の人柄・考え・想像力・そして腕、によって作られる作品が自分の感性と合うかどうかなんだろうなあと思うと、古美術ならともかく、現代の新作において「○○焼」というブランド力・名誉って、観光PRの煽り文句以外のなにものでもないんだろうなあと思うんですが・・・・・・、

そんなこと、みんな、もちろんわかっててやっているんですよね。

.

だから、何がきっかけで、そういう出会いと遭遇するかわからないのだったら、こういう祭りに行ってみるのが、ホント手っ取り早いですね。

ゴールデンウィークは、

萩へ焼物まつり巡りに出かけませんか?

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください