萩ウォーカー須佐クチコミ地域メディア

GoogleChrome無料ダウンロード
萩ウォーカー推奨ブラウザー

 ユーザ名 
 パスワード  ←忘れた?
IDとパスワードを記憶
ユーザ登録
須佐ホルンフェルス
日本地質百選須佐ホルンフェルス大断層
須佐湾遊覧船
須佐湾遊覧船
須佐男命いか認定店
須佐男命いか認定店
きただにひろし♪
きただにひろし/少年の瞳のままで。。。
管理人ブログ
萩ウォーカー管理人ブログ
管理人ブログ。。。

切り抜き詳細

発行日時
2018-1-9 19:55
見出し
Vol.1877「“経営ナビゲーション・システム”を機能させるための、2つのツール」
リンクURL
http://bplan.seesaa.net/article/456089063.html Vol.1877「“経営ナビゲーション・システム”を機能させるための、2つのツール」への外部リンク
記事詳細

ご存知の通り、

カーナビゲーション・システム、

略してカーナビに行き先(=目的地)を入力すると、

画面上に「到着予想時刻」が表示されます。



いまから出発して、標準速度で走ったら、

何時くらいに到着できる

という目安が分かるので、


到着したい理想の時間(=「到着目標時刻」)

と比較できて、

とても役立つ機能ですよね。



私(安野)は、いつも、

この「到着予想時刻」をチラチラと見ながら、

つまり、ゴールから逆算しながら、


もう少し急いだ方がよいのか?

休憩を入れても大丈夫か?


など、判断するようにしています。




そして、ふと、


「これって、会社経営も同じでは?」


と思いました。



会社の経営ビジョン、すなわち、

「会社の夢・ありたい姿」が、

カーナビでいうところの「目的地」で、


そこに辿り着くために必要な

1年後、3年後、5年後の「年間売上目標・利益目標」が、

「到着目標時刻」です。



さらに、


「このままのペースで行くと、

 年間でいくらの売上・利益になりそうなのか?」


を示す「着地予測」が、

「到着予想時刻」

に該当します。



経営者は、

この「着地予測」を常に意識しながら、


このままのペースでよいのか?

どのタイミングで手を打つべきなのか?


などを判断するのです。



これらはまさに、

カーナビゲーション・システムならぬ、


「経営ナビゲーション・システム」


と言えますね。




ただし、

このシステムを有効に機能させるためには、


まず、「目的地」となる「ビジョン」を明確にした上で、

そこから、

1年後、3年後、5年後の「売上目標・利益目標」

を予め算出しなければなりませんし、


なによりも、

カーナビの「到着予想時刻」のように、


「このままのペースで行くと、

 年間でいくらの売上・利益になりそうなのか?」


を、

タイムリーに把握する必要があります。



そこで、この

「経営ナビゲーション・システム」を機能させるべく、

当社としておすすめしているのが、


▼ 「目的地」と「目標数値」の明確化のための「経営計画書」(*1)



▼ 「着地予測」のタイムリーな把握のための「未来会計」(*2)


という、2つのツール。


*1 http://annokaikei.com/plan 


*2 http://annokaikei.com/future




自社の「経営ナビゲーション・システム」

の精度を高め、

「目的地」に近づくためにも、


上記ツールの活用を検討されてみては

いかがでしょうか?




詳しい説明については、

こちらまでお問い合わせ下さいませ。
    
http://annokaikei.com/contact
    

******************************************


【本日のまとめ】

■ 経営者は、「着地予測」を常に意識しながら、

  このままのペースでよいのか?

  どのタイミングで手を打つべきなのか?

  などを判断する必要がある。

■ 「経営ナビゲーション・システム」を有効に機能させるためにも、

  「経営計画書」と「未来会計」という2つのツールを、

  ぜひご活用下さい!









Copyright �・ 2006march-2010 萩の観光・暮らしのクチコミ情報サイト「萩ウォーカー」