萩ウォーカー須佐クチコミ地域メディア

GoogleChrome無料ダウンロード
萩ウォーカー推奨ブラウザー

 ユーザ名 
 パスワード  ←忘れた?
IDとパスワードを記憶
ユーザ登録
須佐ホルンフェルス
日本地質百選須佐ホルンフェルス大断層
須佐湾遊覧船
須佐湾遊覧船
須佐男命いか認定店
須佐男命いか認定店
きただにひろし♪
きただにひろし/少年の瞳のままで。。。
管理人ブログ
萩ウォーカー管理人ブログ
管理人ブログ。。。

切り抜き詳細

発行日時
2018-2-12 18:24
見出し
Vol.1911「お客様の真の欲求にアプローチできているか?」
リンクURL
http://bplan.seesaa.net/article/456833676.html Vol.1911「お客様の真の欲求にアプローチできているか?」への外部リンク
記事詳細

昨日は、

市内の小・中・高の吹奏楽部

による発表会を鑑賞。



過去のブログ(*)にも書かせていただきましたが、

指揮者しだいで、

全体のまとまりや音色の調和がまったく異なるな〜

と、改めて感じました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1702「経営者は、情熱的な指揮者のようでなければならない」
http://bplan.seesaa.net/article/451920146.html



個人的には、

私(安野)が小学6年生の時、

吹奏楽部のコンクールで最優秀賞をもらった(←プチ自慢 笑)

『バラの謝肉祭』という曲を演奏した高校

があったので、

とても懐かしく聴かせていただきました。



やはり、音楽はいいですね〜。


****************************************


先日、とある研修に参加しました。



詳細は割愛しますが、

人手不足の時代に、

多くの中小企業にとって関心が高いであろうテーマ

です。



ただ、その内容は、大半が

過去から現在までの客観的な分析結果や

国が公表している未来の推計、

あるいは一般論ばかりで、

聞き終わった後、少し物足りなさが・・



もちろん、

90分という時間的制約もあるでしょうし、

参加企業の状況も様々ですので、

個別具体の話しまでは踏み込みづらい

のもよく分かります。



とはいえ、

現場を熟知するお立場として、

もう少し踏み込んでいただきたかった・・

とうのが率直な感想でございます。

(まあ、もともとそういう目的の研修だったのかもしれませんが)




そして、研修を受けながら思ったのが、


「これって、自分たちもお客様に対して、同じことやっていないか?」


ということ。



当社は、経営サポート業ですので、

お客様と、数字に基づいて話しをするのですが、


「過去の分析結果を伝えて終わり・・」

「一般論を伝えて終わり・・」


になっていないだろうか?

と、わが身を振り返ったのです。



今回、研修を受けた私のように、

お客様としては、


「(それらを踏まえて)どうすればよいか?」

「とりあえず、どこから手を付ければよいのか?」


を知りたいはず。



その核心部分(=真の欲求)を省略して、

分析結果や一般論に終始したとすれば、


今後はAI(人工知能)に代替される

でしょうし、

お客様からすれば、


「別に、あなたでなくてもよい」


ことになります。

(少し厳しい言い方ですが、これが現実です・・)



もちろん、

答えは経営者の中にありますので、


最終的な意思決定を経営者が行う

のは、言うまでもありません。



しかし、経営者が、

個別具体的な行動を思考する上での

「きっかけ」や「ヒント」をお渡しすることは、

われわれにもできます。



そこに触れずして、

お客様に価値を感じていただくことは、


これからの時代、

ますます難しくなるでしょう。




そして、このことは、

当社に限らず、あらゆる業種において

言えることです。



お客様が真に望んでいることに、

アプローチできているのか、


いま一度見直してみてはいかがでしょうか?




研修を受けながら、

そんなことを考えました。


**************************************


【本日のまとめ】

■ お客様が真に望んでいることに

  アプローチできているのかを、

  見直してみてはどうだろうか。









Copyright �・ 2006march-2010 萩の観光・暮らしのクチコミ情報サイト「萩ウォーカー」