萩市須佐藻ばいるユビキタス観光タウンガイド

携帯電話からアクセス
http://susa.in/modules/xpwiki/11.html

須佐地域情報
日本地質百選須佐ホルンフェルス大断層

須佐男命いか認定店認定旅館

きただにプロジェクト

須佐古代ルーツ研究

萩市須佐観光協会

須佐の観光

萩市須佐地域 anchor.png Edit

須佐地域の名前の由来は、
須佐之男命(すさのおのみこと)が大陸に渡る際、
この地を宿と構え海路を決めたという伝説に由来しています。

大自然の彫刻「ホルンフェルス大断層編集」や
六角柱の柱状節理が整然とならぶ「畳ケ淵」など、
豊かな自然と、萩毛利藩の永代家老「益田家」と共に栄えた歴史の数々は
知れば知るほど魅力的なふるさとです。

2005年3月6日、平成の大合併により
近隣の萩市・川上村・田万川町・福栄村・むつみ村・旭村が一つになり、
新しい「萩市」となって、須佐町から「須佐」地域へとなりました。

須佐上空.jpg
Page Top

須佐地域のすがた anchor.png Edit

須佐地域は
山口県萩市の北東端に位置する日本海沿岸の地域で、
東西南の三方を山に囲まれ、
北は日本海に深く入り江をなし、
名勝及び天然記念物に指定されている須佐湾を抱擁しています。
中央部の犬鳴山を境にして須佐地区弥富地区に分かれ、
須佐地区には須佐川、弥富地区には田万川が流れています。
須佐地区は対馬海流の影響により冬期も比較的温暖で年平均気温14.7度、
弥富地区は13.0度となっており、
冬期は須佐地区よりも2〜3度低くなります。

交通網は東西にJR山陰本線と国道191号が縦貫し、
南には周南市を起点とする陰陽連絡の国道315号横断しています。

また、島根県益田市に萩石見空港があり、
都市圏へのアクセスも容易になっています。

ホルンフェルス大断層.jpg
Page Top

沿革 anchor.png Edit

昭和30年4月1日
旧須佐町と旧弥富村が合併して新しい須佐町が誕生
昭和31年
江津と尾浦が分離し、田万川町に編入
平成17年3月6日
1市2町4村(萩・須佐・田万川・むつみ・福栄・川上・旭)の合併
新生「萩市」が誕生

合併に伴い旧須佐町は、須佐地域となる。

萩市の総面積
 698.86K屐
須佐地域の面積
 87.15K


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 4048, today: 2, yesterday: 0
最終更新: 2008-01-25 (金) 07:55:16 (JST) (3437d) by ikamikuriya


ログイン名   パスワード 
 IDとパスワードを記憶
パスワード忘れた時
 萩市「須佐」藻ビキタスタウンガイドは、
誰でも自由に記事を作成・編集したりできます。
ページによっては、「萩ウォーカー」ユーザ登録が必要です。
「萩ウォーカー」新規ユーザー登録はここから

Copyright �・ 2006march-2010 萩の観光・暮らしのクチコミ情報サイト「萩ウォーカー」

メインメニュー