萩市須佐藻ばいるユビキタス観光タウンガイド

携帯電話からアクセス
http://susa.in/modules/xpwiki/125.html

須佐地域情報
日本地質百選須佐ホルンフェルス大断層

須佐男命いか認定店認定旅館

きただにプロジェクト

須佐古代ルーツ研究

萩市須佐観光協会

須佐之男命 (すさのうのみこと) anchor.png Edit

P1000194(1).JPG

【略説】
伊邪那岐(いざなぎ)命・伊邪那美(いざなみ)命の子。
天照大神の弟。その凶暴さによって高天原を追放され、
出雲に下った。
八岐大蛇(やまたのおろち)を退治の話は有名、稲田姫と結婚して宮を営んだ。
後に子とともに新羅に渡り、わが国に植林法を伝えたという。
暴風神・農業神・英雄神など多面的な神とされる。

写真
荒ぶる神から善神に 須佐之男命
内田 青虹 画伯
須佐公民館より

ウィキペディア「スサノオ」

スサノオ(スサノヲ、スサノオノミコト)は、日本神話に登場する神である。『日本書紀』では素戔男尊、素戔嗚尊等、『古事記』では建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと、たてはやすさのおのみこと)、須佐乃袁尊、『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命などと表記する。
Page Top

須佐之男命を神(王)と崇める一族「須佐族」 anchor.png Edit

須佐之男は、出雲の神様ではあるけれど、朝鮮半島からきた神様だとも言われています。
おそらく須佐族が渡来した時に祀っていたのではという考えがあります。

須佐族というのは新羅系帰化人の集団。
先住の海人族を駆逐して出雲の砂鉄地帯を占領し、韓鍛冶系鉄の文化を背景に勢力を増強した。
須佐之男命を氏神と斎いていた。
そんな説があり、支持する方研究成果や学者も多いのです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 10306, today: 2, yesterday: 0
最終更新: 2011-02-07 (月) 07:51:38 (JST) (2481d) by ikamikuriya


ログイン名   パスワード 
 IDとパスワードを記憶
パスワード忘れた時
 萩市「須佐」藻ビキタスタウンガイドは、
誰でも自由に記事を作成・編集したりできます。
ページによっては、「萩ウォーカー」ユーザ登録が必要です。
「萩ウォーカー」新規ユーザー登録はここから

Copyright �・ 2006march-2010 萩の観光・暮らしのクチコミ情報サイト「萩ウォーカー」

メインメニュー