萩市須佐藻ばいるユビキタス観光タウンガイド

携帯電話からアクセス
http://susa.in/modules/xpwiki/42.html

須佐地域情報
日本地質百選須佐ホルンフェルス大断層

須佐男命いか認定店認定旅館

きただにプロジェクト

須佐古代ルーツ研究

萩市須佐観光協会

萩市公式ホームページ

萩市 anchor.png Edit

萩市(はぎし)は、中国地方の西部、山口県の北部に位置する、日本海に面した市である。旧阿武郡です。

 江戸時代に、毛利氏が治める長州藩の本拠地となった都市であり、
幕末に登場する吉田松陰・高杉晋作らの出生地、胎動の地として有名である。

2005年3月6日、旧萩市が阿武郡川上村、田万川町、むつみ村、須佐町、旭村、福栄村と
対等合併し、新市制による萩市となった。

Page Top

概要 anchor.png Edit

一方を日本海に面し、三方が山に囲まれた都市である。
その上に道路・鉄道・港湾の整備も遅かったため、
山陽側の市町村と比べると発展が弱かった。
山陽新幹線博多駅開業時は観光客が増加し、人口も増加するが、
その後は観光客の減少と共に人口も減少した。
新制の萩市として発足後の2005年国勢調査においても、
人口の減少が目立ち、特に合併前の旧町村での減少傾向が目立つ。

司馬遼太郎の幕末小説である『世に棲む日日』や『花神』は、
この街が舞台になっている。

萩は萩城跡や武家屋敷、町家などの江戸時代のまちなみ、
歴史的景観を数多く残している。
そして、吉田松陰をはじめとした近代日本の夜明けを告げた人々が育ち、
幕末から戦前にかけては政財界の大物を多く出すなど、
日本を動かした人々の出身地としても知られているところ。
また、北長門海岸国定公園などの豊かな自然、
400年の歴史をもつ萩焼などたくさんの「おたから」がある。

萩市は、全国有数のデルタ地帯にある。
旧・川上村から流れる阿武川(あぶがわ)は川島地区で2つに分かれ、
橋本川と松本川となって日本海に注ぐ。
また、両河川からは新堀川、藍場川といった小河川が分岐し、市街を流れている。

萩のあらまし

Page Top

地理 anchor.png Edit

山口県北部の日本海に面し、東は島根県境から西は長門市まで、
南は山口市、阿武郡阿東町、美祢郡美東町に接している。
離島として見島(みしま)、大島(おおしま)、相島(あいしま)、
櫃島(ひつしま)、羽島(はしま)、肥島(ひしま)、尾島(おしま)があり、
そのうち見島、大島、相島、櫃島は有人島である。
見島を除く6つの島を、市内では総称して「六島(ろくとう)」
もしくは「萩・六島村(はぎろくとうそん)」とも呼ぶことがある。

なお隣接する阿武町は、萩市に囲まれている。

Page Top

地区 anchor.png Edit

合併前の市町村は、旧萩広域市町村圏組合を構成し、
消防、清掃などを広域で行っていた。

旧萩市中心部は平坦な地形が多いが、
三見地区や旧町村部などは主に山間地にあり、
特に旧旭村の佐々並地区、旧むつみ村、旧福栄村などは、
標高100〜400mの山に囲まれている。

旧市内(阿武川河口部周辺、離島)

   阿武川の三角州に建設された城下町から発展した。
 山陰本線は三角州の外側を迂回するように走るが、
 幹線道路である国道191号は三角州中心部を経由し、
 下関方面へ向かっている。
 市内は旧城下町特有である碁盤目状の道路が多い。
 三方を山、一方を海に囲まれており、
 中心市街地から周辺の市域・市町へ向かい際は必ず峠を越える必要がある。
 そのため、雨量が多い場合や積雪などで交通が遮断される場合が多々ある。
 萩城が建設された由来も、交通に不向きな地形を徳川幕府が気に入ったためといわれている。
 なお、大雪の時に国道191号線は鎖峠(くさりとうげ)を中心に、
 隣接する長門市三隅上の宗頭(むねとう)地区〜山田地区までが遮断される。
 一方で、道は狭いものの、飯井(いい)〜玉江(たまえ)へ抜ける道は
 雪が少ないことが多いが道路が凍結している可能性があるため注意が必要である。
 旧萩市は三角州を含んで西から、
 「三見」(さんみ)→「山田」(やまだ)→「堀内」(ほりうち)→
 「江向」(えむかい)→「土原」(ひじわら)→「椿東」(ちんとう)→
 「大井」(おおい)の各地域に分けられ、
 南側は「椿」(つばき)、北は六島村となって幅が広い。
 見島をはじめとして日本海に浮かぶの離島群は萩港と定期航路で結ばれ、
 旧萩市の一部を構成していた。

川上地区(旧川上村)

   萩市中心部に隣接する山間部。中心部を阿武川が流れ、上流には阿武川ダムがある。
   国道262号が地域の端を通り、中心部は県道萩川上線が通っている。
 山地と阿武川ダムの流域面積が多いために可住面積が少なく、
 集落は山地を縫うように点在している。
   山間部のため冬季は積雪があり、集落間の移動が困難になる。

江崎地区・小川地区(旧田万川町)

   国道191号沿いの地域。山口県の最北端に位置する。
   島根県益田市に接し、経済圏・生活圏としては
 萩市中心部よりも近接する益田市との結びつきが強い。
 日本海に面しており、気候は比較的温暖だが、益田市との県境は冬季積雪がある。
 産業は主に漁業と農業であり、東部の小川地区では梨の生産が盛んである。

吉部地区・高俣地区(旧むつみ村)

   萩市中心部と島根県津和野町のほぼ中間の山間部に位置する。
 気候は内陸部特有の気候であり、冬季は積雪、凍結などが多い。
 中心部からそれたところに国道315号と県道萩篠生線が走っているが、
 県道萩津和野線で連絡している。主な産業は農業である。
 萩と津和野を結ぶ観光ルートであり、近年は道の駅(うり坊の郷 katamata)や
 むつみ昆虫王国の建設、観光牧場(秋川牧園)の開設など、観光にも力を入れている。

須佐地区(旧須佐町)

   隣接する田万川地域同様、益田市との結びつきが強く、
 生活圏は益田市に多くが依存している。
   地域は日本海から東側に長く、海に面した須佐地区、
 山間部の弥富地区と鈴野川地区からなる。
 須佐地区は比較的温暖だが、山間地区は冬季に積雪もある。
 須佐地区に国道191号が、山間地区は国道315号が通り、交通状況は良い。
   第一次産業が多く、観光地数が他の地域より比較的多い。

明木地区・佐々並地区(旧旭村)

   国道262号沿い、萩市中心部と山口市のほぼ中間の山間部にあたる。
 明木地区と佐々並地区の間に山地があり、明木地区は萩市中心部の、
 佐々並地区は山口市の経済圏になっている。
   両地区ともそれぞれの300〜400m級の山に囲まれているが、
 冬季は明木地区より佐々並地区の方が寒冷であり、積雪が多い。
   明木地区で県道萩秋芳線が分岐しており、
 萩市中心部から山口市方面、小郡・美祢方面へ向かう交通の要所である。

福井地区・紫福地区(旧福栄村)

   中心となる福井地区には県道山口福栄須佐線と
 県道萩篠生線が、紫福(しぶき)地区には県道山口福栄須佐線が通っている。
   山間の盆地に開けた土地であり、夏季は比較的暑く、冬季は寒冷である。
   萩市でも屈指の米の生産地である。
 また、フライドチキン型のチーズケーキも地区内にある
 道の駅ハピネスふくえで売っている。
Page Top

隣接する自治体 anchor.png Edit

   * 島根県
         o 益田市
         o 鹿足郡津和野町
   * 山口県
         o 山口市
         o 長門市
         o 阿武郡阿東町、阿武町
         o 美祢郡美東町
Page Top

姉妹都市・友好都市ほか anchor.png Edit

姉妹都市

国内

   * 鎌倉市(神奈川県)
   * 下田市(静岡県)
   1854年、吉田松陰が下田に入港中の米艦隊に米国へ密航させてくれるよう依頼し、
 断られたその後自首した際の歴史の縁による。
   * 輪島市(石川県)

国外

   * 大韓民国の旗 蔚山広域市(大韓民国)
   * 大韓民国の旗 全羅南道霊岩郡徳津面(大韓民国)
   * ドイツの旗 ユーリンゲン・ビルゲンドルフ村(ドイツ連邦共和国)

友好関係の都市

   * 前橋市(群馬県)
   萩市出身の楫取素彦が群馬県の初代県令となり、
 前橋への県庁誘致および同市の経済・教育振興などに貢献した縁による。

友好都市提携を拒否された都市

   * 会津若松市(福島県)
   萩市が、会津戦争で会津藩と敵対した長州藩の本拠地である事から。
 1986年に、敵として戦った戊辰戦争から120年を記念してそろそろ和解を、
 と友好都市提携を萩市が持ちかけたが、会津若松市民の多くが
 「いまだ時期尚早である」「我々は恨みを忘れていない」として、
 友好関係の締結は拒否された。
 戊辰戦争後、長州藩が鶴ヶ城下に残った2000人以上に上る
 会津藩士、商人、農民の死体の埋葬を禁じた
 (放置された藩士や女性、子供の死体は腐敗し、烏の餌になったとされる)件や、
 戊辰戦争後も山県有朋ら長州閥によって会津の人達が様々な部分で冷遇された事が
 その原因とされている。会津若松市民の中には、
 賊軍という理由だけで埋葬を禁じた蛮行についての謝罪が一切無いことに対して、
 未だ許せないと考える人がいる。
 現在でも、行政レベル、市民レベルでの交流は幾度と無く試されているが、
 未だ完全な和解には至っていない。
Page Top

歴史 anchor.png Edit

中世から第二次大戦まで

   * 古くは大内氏家臣であった吉見氏の領地であり、
     津和野城の出丸が築かれていた。
   * 関ヶ原の戦いの後の1608年、毛利輝元が日本海に張り出した
     指月山の麓に萩城を築城し、以後山口の政事堂に藩庁が移されるまでの
     約260年間、長州藩36万石の城下町として発展した。
     現在でも細工町、樽屋町など、城下町らしい地名が市内の至る所に残っている。
   * 幕末には、吉田松陰が私塾の松下村塾で多くの人材を数多く育成し、
     そこから桂小五郎(木戸孝允)、吉田稔麿、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文らを
     出し、又彼らと友好があった井上聞太(井上馨)らの、
     明治維新の指導者を出した。
   * 1876年、萩の乱が起こる。
   * 1889年、町村制施行により、阿武郡萩町として町制施行。(三角州の部分のみ)
   * 1923年、阿武郡椿東村、椿村、山田村が萩町に吸収合併。
   * 1932年7月1日、萩町が山口県内で四番目の市として市制施行(初代萩市の誕生)。
   * 1933年2月、山陰本線須佐駅〜宇田郷駅間が開通。これにより山陰本線が全通。

戦後

   * 1955年3月、三見村、大井村、六島村(大島・相島・櫃島・肥島・羽島・尾島)
     及び見島村が旧萩市に編入合併。
   * 1971年、阿東町を除く阿武郡7町村と、萩広域市町村圏組合を設置。
   * 1975年旧川上村に阿武川ダムが完成。
   * 2004年3月31日、阿武町と須佐町が合併協議会から離脱。
   * 2004年5月28日、須佐町が合併協議会に復帰。現在の枠組みが出来る。
   * 2005年3月6日、旧萩市と川上村、田万川町、むつみ村、須佐町、旭村
     および福栄村が対等合併し、新制の萩市となった。
Page Top

行政 anchor.png Edit

市政運営

広大な市域のため、旧町村部にはそれぞれ総合事務所を置き、
それぞれに地域振興課、市民生活課、健康福祉課、経済課、施設課の5課を配し、
行政サービスを低下させることなく従来の業務ができるようになっている。

また、離島の見島と大島にそれぞれ支所と出張所が設置されている。
   * 市長:野村興児(旧萩市長、元国税庁調査査察部長)
   任期:2005年3月28日から2009年3月27日まで
   * 総合事務所
         o 川上総合事務所
         o 田万川総合事務所
         o むつみ総合事務所
         o 須佐総合事務所
         o 旭総合事務所
         o 福栄総合事務所
   * 支所
   見島支所、小川支所、高俣支所、弥富支所、佐々並支所、紫福支所
   * 出張所
   三見出張所、大井出張所、大島出張所

医療行政

椿地区に医療機関と老人保健施設が併設した萩・健康維新の里
(萩市民病院と福祉・複合施設かがやき)を、2000年4月に開設した。

また一時、萩医療圏から入院施設のある小児科がなくなるという事態があったが、
住民の要望で市民病院に小児科を設置し、圏域で唯一の小児科病院となっている。
又、離島や中心部から離れた旧町村部にはそれぞれ公立の診療所が設置されている。

なお萩市民病院は、山口県北部で唯一の結核医療機関である。

公立病院

   * 萩市民病院

公立診療所

旧萩市

   * 萩市見島診療所
   * 萩市見島診療所宇津分室
   * 萩市大島診療所
   * 萩市見島歯科診療所

旧川上村

   * 萩市川上診療所

旧田万川町

   * 萩市田万川歯科診療所

旧むつみ村

   * 萩市むつみ診療所
   * 萩市むつみ診療所高俣出張所

旧須佐町

   * 萩市弥富診療センター
   * 萩市弥富歯科診療所

旧旭村

   * 萩市明木診療所
   * 萩市佐々並診療所

旧福栄村

   * 萩市福川診療所
   * 萩市紫福診療所
Page Top

警察署 anchor.png Edit

   * 萩警察署
         o かつては江崎地区に江崎警察署があったが、現在は萩警察署に統合され、
           江崎幹部交番に格下げとなっている。
Page Top

経済 anchor.png Edit

Page Top

産業 anchor.png Edit

観光業と農業、漁業が多い。工業は殆ど発展していないが、
山間のむつみ地区、旭地区、福栄地区では工業団地を造り誘致を行っている。
しかし交通の利便性などの地理的条件から進出する企業は少ない。

観光業においては、東萩駅前にあった観光ホテルの廃業や中心商店街の衰退など
不況感が漂っており、早急な対策が必要となっているが、
抜本的な対策は採られていない。

Page Top

地図 anchor.png Edit


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 5246, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2009-01-24 (土) 20:11:46 (JST) (3435d) by ikamikuriya


ログイン名   パスワード 
 IDとパスワードを記憶
パスワード忘れた時
 萩市「須佐」藻ビキタスタウンガイドは、
誰でも自由に記事を作成・編集したりできます。
ページによっては、「萩ウォーカー」ユーザ登録が必要です。
「萩ウォーカー」新規ユーザー登録はここから

Copyright �・ 2006march-2010 萩の観光・暮らしのクチコミ情報サイト「萩ウォーカー」

メインメニュー